サーバ上ファイルをwysiwygで編集できるツールを探した

サーバ上ファイルをwysiwygで編集できるツールを探した結果、しっくり来るものは無くてhtmlを手書きするしかなかった。
出来たページ。sane.jp – sanemat’s portfolio

要件

  • ページの中に編集ボタンがあって、見たまま編集できること
  • ページ数は数ページ
  • デザインをいじれること(配布されているテンプレートをはめ込めること)
  • CMSの場合、プロジェクトが死んでいないこと

試行錯誤過程

自分のポートフォリオをまとめるのに、wysiwygのツールを探そうとした。サーバ上でwysiwygに編集できるのが理想。
ページは数枚作るだけだし、wysiwygなだけだから簡単(もしくは簡単な手段がある)と思って探したけれど、見つからない。PHPにそういうライブラリないのかよー、wysiwygにしたいだけなんだけど…というのが無茶を言っていたことにようやく気付く。

CMSでよさそうなのは「concrete5」それから定番の「mtos」と「word press」。定番二つは数年ぶりに触ってみたいということもあって選択肢に。

ただ、そこまでする必要あるのってことで考えたら「google sites」でいいんじゃねっていう。wysiwygなら裏がどうなっているかどうかは関係ない。javascriptは使えないし、デザインも数あまり選べないけど、圧倒的にwysiwyg。そもそもホスティングから要らないのは魅力的。独自ドメインに割り当て可能。

「google sites」でさっそく作った。大問題が発生。作ったサイトはサブドメインにしか割り当てられない。nakedなドメインには割り当てられないという。
具体例で出すと「sane.jp」には割り当てられない。「www.sane.jp」や「site.sane.jp」には割り当てられる。そんなー
wwwやらなにやらに分散しちゃうのはいまいち…
これはgoogleアカウントでもgoogle appsでも同じ。両方やってみた。同じでした。
www付きと無しで両方wwwを参照するようにして、URL的には無し側にリダイレクトする、という案も思いついたが、あまりバッドノウハウは使いたくないため却下。

結論

どうせ数枚なんだしもうhtml手書きすることにした。
apacheのvirtualhostの設定は済んでいたので、htmlを該当場所にアップロードして終わり。

wysiwyg

google sites類似サービスってblogレベルしかないんだけど、いいのないのかな。需要ありそうだけど。
というかそういう人はドリームウィーバー使うのか。ぼくは持っていないから使うとすればaptana。今日はテキストエディタで手書き。
出来たページ。sane.jp – sanemat’s portfolio

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中