remiからyumでphp5.2.10を入れる

結論から言うと

# yum –enablerepo=remi update php –exclude=php*5.3*
これでremiからyumでphp5.2.10が入る

$ php -v
PHP 5.2.10 (cli) (built: Jun 21 2009 11:10:43)
Copyright (c) 1997-2009 The PHP Group
Zend Engine v2.2.0, Copyright (c) 1998-2009 Zend Technologies

apacheをreloadしてやって完了


phpのバージョンを5.2.8から上げようとしてremiを見ると5.3.0しかない。

murahashi kenichi: yumでないと使えない子なので UtterRambl …

yumでないと使えない子なので UtterRamblingsでphp5.2.11+mysql5.0 か remiでphp5.3.0+mysql5.1か の二択
とつぶやいたら @suzuki が手取り足取り教えてくれた。

suzuki: @sanemat メモった。http://bit.

@sanemat メモった。 http://suzuki.tdiary.net/20091004.html#p02

ただ、教えていただいた方法だとぼくの環境が悪いのかうまくいかなかったのでremiのforumを探す
php-pecl-apc
installation for php 5.2.10 (missing dependency) (Page 1) – User
support – Les RPM de Remi – Forums

Problems
with php 5.3, how to reinstall 5.2.10? (Page 1) – User support – Les
RPM de Remi – Forums

で、下記でいけそうな感じがしたのでやってみたらbingo

# yum –enablerepo=remi update php –exclude=php*5.3*
変にexcludeにマッチしちゃうものがあったらダメだけど、特にそういうこともなく、無事にphp5.2.10が入ったように見える

おしまい

返す刀でmysqlのバージョンも上げておいた

# service mysqld stop
# yum –enablerepo=remi update mysql

# service mysqld start

$ mysql –version
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.1.39, for redhat-linux-gnu (i686) using readline 5.1

最終的に出来た環境は
php5.2.10 + mysql5.1.39 なり

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中