cakephpはフルスタックフレームワークで進む

将来のcakephpについてCakeMatsuri懇親会でGrahamとJoelに質問してみた。
正直に言えば、知ってる英単語とサービスを並べたらどうにかがんばって理解して答えてくれた。

質問
最近pythonでもperlでもrubyでもフルスタックなフレームワークが小さなプラガブルなフレームワークに変わっている。ruby on railsさえも!
フルスタックのフレームワークcakephpはこれからもフルスタックのフレームワークなの?それとも?

答え
Graham
cakephpはこれからもフルスタックのフレームワークだよ

Joel
cakephpはこれからもフルスタックのフレームワークだよ
全部入りを求める人たち・アプリケーションとそうでないという人たち・アプリケーションは別のターゲットにいる
一番いいと思う選択を提供したい
(ORMやテンプレートエンジン選べるようにならないかな?ってきいた)
cakephp2からmodel層がActiveRecordパターンからDataMapperパターンに変わるから、DataMapperの先が今以上にフレキシブルに書けるようにはなるよ
Merbのプラガブルなのいいよね
(Doctrineの話をしてくれてよくわからなくて聞きなおして3回ぐらいかみくだいて説明してくれたけどわからなかったのでわかったことにした)

感想と余談
懇親会の話は懇親会だけにとどめておくものだという正論は忘れた。
将来のcakephpについて講演してたgrahamに聞くのが本命だったのだけど、先にgrahamに聞いてうまくいかなかった部分をブラッシュアップしてJoelに聞けたので、結果的にJoelのほうがいっぱい話を聞けた。

そのあと自分が聞きたこと聞けて満足してたら
Joel「今日のトピックのなかで何が一番エキサイティングだった?」
て逆に質問された
ぼく「将来のcakephpの話が一番だった」
ぼく「あ、次はkey-valueの話」
とってつけたみたいに付け加えちゃったので
ぼく「クラウドやスケーラブルなプログラミングにも興味あるよ!」
って自分から話振った上にあわわになるなどどうしようもなかったりもした。
共用サーバはもうありえないよな、というところで一致した。
あんまり中身のあることしゃべれなかったけどいっぱいいっぱいだったので仕方ない。
文字に起こしてみたら質問の答えも満足に得られてないことが判明したけどいっぱいいっぱいだったので仕方ない。

一生懸命聞いてくれる相手に意図を伝えられるぐらいには英語使えるようになろうと思った。
CakeMatsuriの中でぼくにとってはこの会話が一番エキサイティングだったよ、ありがとうGraham、ありがとうJoel。
I thank Graham and Joel. Talking with you is my most exciting topic in CakeMatsuri.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中