api変わるレベル以外のバージョンアップはheadについていくべき

個人的には、外部ライブラリはapi変わるレベル以外のバージョンアップはheadについていくべきだと思っていて、なのでsvn:externalsやgit submoduleやbundlerのアプローチはすごく楽しい。
ただ世間一般的にはバージョンを固定して使い続けるのが安全な認識があって、理屈としてはこちらが当然正しい。ただ理屈に反してでもheadを追いかけていく方が最終的には幸せになれるような気もしている。もちろんheadを追いかけていくことで本質ではないバグにハマって時間を浪費するのも不毛なのでバランスかなあと日和っておく。

となると、ライブラリは全部リポジトリに突っ込んでおくのが安全なのかなあ。

webアプリなんて「あれれうごかない
ごっめーん」で済むようなものだと思っていて、それはたとえgmailクラスのインフラになっているものであっても同じと思っている。もちろんそうならないように開発を駆動するテストと網羅して担保するテストが必要なのは前提でね。そうしていけたらよいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中