Days7: APNsアカウント振り分け

APNsのnotificationの場合アカウントの使い方、一人でやろうとするとシンプルだが、チームでやろうとすると意味が分からなくなる。あとFree/Paidの組み合わせがあると爆発するので泣いとく。

– 必要なだけprofileを作る
– コンパイル用とは別の秘密鍵&CSRセットをつくってpush用にする
— するといいらしい
— したほうがいいよね?といわれればたしかにそうなんだが権限分けと権限まとめたほうがいいところと区別が良くわからん
– どの鍵とどの鍵を共通にしておくと開発チーム的にはかどりつつ、セキュリティ的に踏みとどまれるのかよく理解していない。

* apple的に
– development用とdistribution用があって、その区別の話だけをしている

* social game provider的に
– public distribution用のappleアカウント

— 一般ピープルは触れない
– development用のappleアカウント
— 一般ピープルも触れる
— developのdistribution目的
— developのdevelop目的

なので、組み合わせとしては以下のとおりにするのが、折り合いポイントっぽい。

– public_apple – distribution
— appstore用build
– private_apple – distribution
— otaなど配布用build
– private_apple – development
— development用build

広告

Days7: APNsアカウント振り分け」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Summary of My 2011 Advent Calendar « 實松アウトプット

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中