rails3.2+rspec環境叩き台

あちこちの入門サンプル見て、ポイント絞ってあってそれちがくねー? と思ったので現時点の書いておく。Gemfileに書いたrailsでproject作りたいじゃん。rails3 + rspec環境。

$ gem install bundler #=> bundlerなければ

$ mkdir -p todo
$ cd todo
$ bundle init
gem ‘rails’ #=> comment 外す
$ bundle
$ bundle exec rails new . -T #=> rails newでGemfileは上書き
$ bundle #=> gem足らなかったら

$ vim Gemfile #=> 追記
group :development, :test do
gem ‘rspec-rails’
end
group :development do
gem ‘thin’
end

$ bundle
$ bundle exec rails g rspec:install
$ bundle exec rake db:create
$ bundle exec rake db:migrate
$ bundle exec rake spec
$ bundle exec rails s thin

Procfile書いてforemanでも全然いいですが、あれherokuのceder stack以外で使うメリットよくわからん…
こんなんじゃない? これだとreloadしないのかな

via:
Bundler: The best way to manage Ruby applications http://gembundler.com/rails3.html
mitukiii.jp | Ruby on Rails3でRSpecを使う http://mitukiii.jp/2010/12/16/rspec-use-on-ruby-on-rails3/
How To Get Rails 3 and RSpec 2 Running Specs Fast (From Scratch) http://www.rubyinside.com/how-to-rails-3-and-rspec-2-4336.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中