伽藍とバザール、ノウアスフィアの開墾読み直し

デブサミでの松田さんのパネルについての反応で、問題意識がよくわからんかったので、伽藍とバザール、ノウアスフィアの開墾読み直してる。
http://speakerdeck.com/u/a_matsuda/p/social-coding

ある種の高度なソーシャルコーディングは、自然なソフトウェアからむしろ遠ざかってしまう危険性もあると思います — @takahashim

自然なソフトウェアとソーシャルコーディングがコンフリクトするなあ — @kdmsnr

The Cathedral and the Bazaar: Japanese http://cruel.org/freeware/cathedral.html
Homesteading the Noosphere: Japanese http://cruel.org/freeware/noosphere.html

hudsonとjenkinsみたいな分派のforkとパッチ袋のためのfork(小さく言えば自分用パッチ袋、大きく言えばpull requestやcontribute)とが、機能としては同じforkだから、ということかな。contributeのためのforkだって、それが受け入れられずに、自分は自分のほうを使い続けるのだとしたら、分派か。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中