client-side-validationのrailscasts

client-side-validationのrailscastsを見た、読んだ、shadowingした。
client側でサーバと同じvalidator書かなきゃいけないのに対する、ひとつの答え。両方で使えるDSL的なもので書いて全く同じように使えないものかな。ないものねだりか。
当時のgenerateで出てきた以下のformがきっとメジャーどころなんだろう。
::SimpleForm
::Formtastic
これが今はpluginとして別gemに切り出されている
あとはactive_model系のと、mongodb系, backbone.js がある。
このへんがメジャーどこぽいな
あとは、ここでcustom validatorの作り方話したよねー でもclient-side-validationの流儀でそのまま作るよ、という実演。
custom validator
プロジェクトのwikiにファイル配置のやり方書いてあるけど(config/initializer/foo_validator)、ここはrailscastの(lib/foo_validator)のほうがこのみですね。まあ実際使うときにならないと良くわからん。
時間切れ
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中