phpenvとphp-build

現時点2012-05-24の印象メモ。phpenvと(travis-ci-)php-buildってイメージ。どうしてもtravisに引っ張られるし最優先で実装されるのはtravisに使うからってのが多そう。ユースケースに牽引される健全ですね。ruby-buildはまあパッチとかはまらなければ 今日時点だとreadlineぐらい? でsnow leopardにも入るぐらいにはこなれてるけどまだそこまでは行ってないかなあって感じ。rvmはこなれてるけどいまや巨大すぎ。rehash。もちろんphpenvとphp-buildは使うべき。Ubuntu 11.10 Oneiric 32bit版から機能実装されるのはそういう理由っぽい。あとはtravis-ci用のきれいな環境が立ち上がるから、合わせ技で確認が同時にできて楽なのもありそう。うまく入らなかったらpull requestなげればいいね。手元のmacbook airだとphp-build使うとまだビルドにしくじるんだけど誰か直して。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中