python環境を準備した

新しいmacbook airを買ったのでpython環境を整えた。
前提としてsystemに入ってるperl/python/ruby は触らない。
バージョンは複数切り替えできると良いが、mustではない。
homebrewは~/.homebrew  以下に入れる。/usr/local なんてとんでもない!
perlはperlbrew, ruby はrbenv でなんの問題もなくいけるんだけどpython だけがわがままであり、というのはperl/rubyはある程度perlbrew, rvm/rbenv で切り替えて使うことに抵抗がないんだけど、pythonはあくまでvirtualenvが基本にあるため、”virtualenvでpytthon環境を作るためのpython環境”が必要になってくる。pip とvirtualenvwrapper を使いたいためだけにbrew でpython 入れるのはなんだかなーとおもうけどまあ仕方ない。
$ brew install python
$ pip install virtualenvwrapper

$ mkvirtualenv -p ~/.pythonz/pythons/CPython-2.7.3/bin/python cpython273 && deactivate
$ workon

$ workon cpython273

(cpython273)[sane@Gold HelloCordo]$ python -V
Python 2.7.3
(cpython273)[sane@Gold HelloCordo]$ which python
/Users/sane/.virtualenvs/cpython273/bin/python

満足したので
$ deactive

してvirtualenv環境を抜けてそしてたぶん使わない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中