Create your own travis-ci

Create your own travis-ci
– オレのcommitがtravis-ciに入ったよ自慢
– localhostでtravis-ci再現する方法の情報ポインタ
– こんなこともあろうかと
の三本柱で3分TokyuRuby会議05 のaccept LT で話してきたけど、それ伝わったか心もとない。印象に残ったトークとメシの話
# localhostでvagrant up
$ git clone git://github.com/michaelklishin/sous-chef.git
$ cd sous-chef
$ cp Vagrantfile.sample Vagrantfile
$ git clone git://github.com/travis-ci/travis-cookbooks.git cookbooks
$ vagrant up


これでtravis-ci相当のvirtualboxが立ち上がる。話としては、michaelklishin/sous-chef が見つけられればそこでぜんぶわかるんだけど、これが見つからない。travis-ciのorganizationしか探さないじゃん普通。
これを教えてもらったのはたぶんfreenode#travisだったとおもうんだけど、travis watcherならこのチャンネル見てるのが必須ぽい。だいたい現在進行形で困ってる人しかやってこないので+commiter 何度も同じ質問繰り返されるのがわかる。

#こんなこともあろうかと

freenode#travisでは全部入りtravis-ciのvirtualbox image file配ってる。5GBあるし回線も細いらしいけど、一番手っ取り早いのはこれだと思う。
"思う"なのは、自分の場合cookbook + php-buildの両方を弄りたかったので、自分で起動させてみる必要があったから。
ああもうsshでログインさせてよ => その手段は提供してないんだよ => 5GBあるけどこれでやってみてよ => おれ他の言語いらないから最低限のcookbookちょうだい => 全部入りしか無いんだよ
みたいなの何度も見たわー
こんな感じの話をしたかったんだけど面白みないな!ということで直前に手に入れたささたつさんのコンテンツ力に便乗してごまかしました。ささたつさんありがとう。

#Accept LT

Reject Kaigiのオマージュ。話したい人全員がacceptされるかわりに、トータル時間は決まっているのでひとりひとりのmax持ち時間が変動する。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中