a/b testing for rails

spreeのrailscastみてて deface 紹介されててふーんってなてたんだけど https://github.com/railsdog/deface

http://railscasts.com/episodes/298-getting-started-with-spree?language=ja&view=asciicast

テンプレートをcssセレクタでマッチさせてプログラム側から動的に書き換えてくれる override/ ってディレクトリに書き換えるrubyのコードを置いとくと。

defaceと a/b testing のsplitやらvanityやらと組み合わせて使うとテンプレートやコントローラーがフラグまみれにならなくていいかなーと思った。どうだろう、そういう使い方はありなんかな。でもここを差し替えてみたいなのマークアップをプログラムで動的に書き換えるの、その状態をブラウザなりで表示させないと確認できないし、テンプレート見ただけではなんで書き換えられてるのか意味分からないし筋悪かもな。やっぱり。

railsのa/b testing何がいいんだっけって毎回ググるんだけど結局作ることも使うこともないから記憶に残らない。webサービスで提供されてる有名なやつ名前忘れたけどあれがいいんだっけ? ってなっても名前を忘れたので探せない! a/bingoはhello world的にやろうとして(やってみてだっけ?記憶にない)ないわーとおもったのであれは勧められても使わない。

というところまでblogか自分用メモに書いた気がするんだけど探し出せないのでもう一度書いた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中