Travis-ciにping打ってもう一度ビルドさせたい

travis-ciがpull requestの最後のコミットに反応しなくて、もしくは違うコミットに反応してpassのはずなのにfailで終わってしまうときtravis起こすためだけの空コミット(READMEに改行足してみるなど)入れてしまうんだけどもっと正攻法があるはず ビルドのトリガーにhook以外にpingうつのが合った気がするんだけど、それが一度failになったやつももう一度やってくれる簡単なインターフェース有りそうだよなー。

masterに変なコミット入れません以前に、travis用の確認用コミットが入りますとか悲しい

最後のコミット、コメントちょっと編集してsha1変えて push -f ? それもキモくないか 空コミットよりマシか

Edited 2012-11-17 11:24
空コミットよりマシなのでgit commit -v –amend でコメント変えてsha1変えてpush -f で運用することにした!

Edited 2012-11-17 11:27
git のpush だるくて(リモートのブランチ名なぞ覚えてない) historyから補完して打っちゃうこと多くて意図しないpush -f入るの怖いんだよね そうでなくてもよく注意力散漫であってなるのに。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中