scrum-with-lego行くか考えてる

GitHub本
LEGO®を使ったスクラムシミュレーション

面白そうなコミュニティを2つ続けてdoorkeeperで見つけたので、メールアドレス預けてみた。doorkeeperがいいツールになってるのかな。

scrum-with-legoはいくつか理由があって様子見してる。主に自分の内側の問題で、今すぐ申し込みだ!とは整理ついてないので、申し込んでない。たぶんそんなこと考えてる間に申し込んだほうがいい! ちなみに、early birdの割引は終わっちゃってる。

  • certified scrum masterに興味ある時期があった、けど今はそこまでではない
  • なので、行くことを想像するに、お客様気分になってしまいそうなので身になるかよくわからない
  • kdmsnr翻訳ヲタだから興味あるのかscrum-with-legoに本当に興味あるのか区別ついてない
  • running leanの実践に興味あるのか本当に興味あるのか区別ついてない

もう一つは、かどさんの翻訳ヲタなんだけど、(何様だという感じだけど)ワークショップオーナーとしてはどうなんだろ?未知数?と思ってた。これは、完全に自分の観測範囲の問題。scrum翻訳だけじゃなくて、ワークショップもやってきた人なのね。知らなかった。capsctrl – kdmsnr

@machida がページに載せてある読者の声的な話以外にも「よかったですよ!」と言っていたので信頼度高い。それでもクチコミかーという気はする。

「反対する人が出るまで料金が2倍にしてい」くはずなので(running lean 2章 running leanの実例)、フィードバック受けてちょっとこなれて、負担としてそこまででもない今回か次回(?)には行きたいものだなあ。

スライドのPDFも売ってる! 買うべきか
レゴスクラムのスライドPDF
https://twitter.com/kdmsnr/status/310753271264464897

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中