travis-ciでrails3.2とrails4.0流す

Edited: 2013-04-14 1:00

ベストプラクティスじゃなかったっぽいのでこのエントリはout of date! Gemfileごとに個別のディレクトリ用意するのがよさそう。

Set each gemfile to separate directory
https://github.com/sanemat/actionview-link_to_blank/pull/5

—-

travis-ciドキュメントといくつかプロジェクト見てるとこんな感じぽい。gemfileで切り分けちゃう。

https://github.com/sanemat/actionview-link_to_blank/blob/5d2968085ed90da869a24668f0a01887f06e23b2/.travis.yml

https://github.com/sanemat/actionview-link_to_blank/blob/c650fa077ffb9799022be0918f4dd503a2f91db6/gemfiles/rails3.2.gemfile
https://github.com/sanemat/actionview-link_to_blank/blob/c650fa077ffb9799022be0918f4dd503a2f91db6/gemfiles/rails4.0.gemfile

travis-ciはこれでいいとして、localで、これをコメントアウトしたりコメント外したりでbundleしまくるのが頭悪い感じなのでどうにかしたい。
https://github.com/sanemat/actionview-link_to_blank/blob/ac509d5f4840341934ed75fb36afb835452b0aa2/Gemfile

せっかくつくったgemfilesがあるから、これを使って
vendor/bundle-rails3.2
vendor/bundle-rails4.0
にbundleするようにして、bundle execで指定する
2つのbundle ディレクトリをgit ignoreする
2つ流せるrake task作る

なかんじかな こっちは試してない

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中