herokuでrails4のassets precompileがこけるwork around

herokuのrails4でasset precompileでabortしたら enable user-env-compile

herokuのrails3.xでassets precompileがこけるのは設定して回避するのが(自前でprecompileしてからpushするよりは)定番だった。

config.assets.initialize_on_precompile = false
https://devcenter.heroku.com/articles/rails-asset-pipeline

rails4.1でも同じくassets precompileで落ちるんだけど、別の原因らしい?
—–> Preparing app for Rails asset pipeline
Running: rake assets:precompile
WARNING: Nokogiri was built against LibXML version 2.8.0, but has dynamically loaded 2.7.6
rake aborted!
could not connect to server: Connection refused
Is the server running on host “127.0.0.1” and accepting
TCP/IP connections on port 5432?
以下バックトレース略

stackoverflowに書いてあるとおりuser-env-compileをenableにするとdeploy出来るようになった。なんで出来るようになったかよくわかってない。説明読んでもよくわからない。precompileせずにdevelopmentモードとおなじになってます! だといやだなー。

$ heroku labs:enable user-env-compile -a <<my app>>

http://stackoverflow.com/questions/16124490/heroku-rails-4-could-not-connect-to-server-connection-refused
http://stackoverflow.com/questions/16007718/heroku-heroku-labsenable-user-env-compile
https://devcenter.heroku.com/articles/labs-user-env-compile

あと、config.assets.initialize_on_precompile = false はもう要らないぽい。

余談だけどnokogiriのwarningなんだろ bundle時とruby compile時の見てるlibxml2が違うんか

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中