tig, LC_CTYPE=”UTF-8″, mac, ubuntu

macからubuntuにログインした時にlocaleでエラー出てこの設定offをした
Set locale environment variables on startup
Mac から Ubuntu に ssh ログインするとなんかロケール云々で怒られるやつ – 月刊 ボルシチは食べ物です。
ubuntuはうまくいくようになった。

そしたらlocalのtigの表示がぶっ壊れてああああってなってる。
tig-broken

bashrcでexport LC_CTYPE=en_US.UTF-8 しといた。

Set locale environment variables on startupはonにしておいて
ubuntuのAcceptEnv LANG切るのが筋がいい気もするなあ。人の環境によって違う動きになるのがリモートのサーバーにあるのってどうなの。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中