日本語と英語のドキュメントの同期

日本語と英語のドキュメントの同期

TL;DR

ぐだぐだ考えてる間にコピペで2ページずつ作るのが良さげ。

目的

Tachikoma.ioを世界で使ってもらおうと各ページを英語で書いた。それはいいものの、現状英語圏のユーザーにはカタコト英語で頼りないアンド意味がわからないところがある、日本語圏のユーザーにはよく意味がわからない、誰に使って欲しいか謎のページになってしまっている。日本語と英語の両方のページを作るのと同時に、コピペで2ページ作ると後で同期していくのが大変そうなので、既存の仕組み(があれば)それに載せたい。

志向

Staticなページがちょろっと作れればイイ。デフォルトenで、?locale=ja ぐらいで切り替えたい。切り替えたらあとのリンクには自動でリンクにパラメーターつくとか? できればstaticなページでGitHub Pagesに置きたい。Jekyllだとベターなの(?)

作業フローがあんまりゴツイのはちょっと… あと、既存の英語docをどう翻訳するか、英語docのアップデートにどうついていくか、ばっかりな話だとうーん。

GitHubフレンドリーにやりたい。 謎のコマンドはあまり使いたくない。

既存の仕組み

gettextベース

(3日目) Sphinx の文書を翻訳してみよう (gettext機能) – Hack like a rolling stone
ドキュメントの翻訳にSphinxを使う (i18n非利用) — Python製ドキュメンテーションビルダー、Sphinxの日本ユーザ会
localization – Alternatives to gettext? – Stack Overflow

ごつそう(偏見)。腰が引ける。謎のコマンドを使うイメージがある(偏見)

Fluentd(自前)

Quickstart Guide | Fluentd
Fluentdはうまくやってそうに見える。でも英語に日本語が追いついてない箇所は前見つけてIssue立てたことあったので、人が頑張ってるっぽい。rake outdated 仕組みも自前で頑張ってるっぽい。

i18nnext

i18next – i18n for javascript

translationリソース作ったあとにどう使うかなので、ちょっと軸が違う。

togglate(自前)

Sinatraが、Jekyllが、オープンソース翻訳プロジェクトが、今静かに動き出している

オリジナルのmarkdownから、翻訳用テンプレートを生成するアプローチ。markdownではない場合pandoc経由などでmarkdownを使う。良さげに見える。en->他言語の翻訳に特化からスタートしてるので、ちょっとユースケースがズレるかも。

ruby-lang(自前)

ruby-lang もっと人が頑張るっぽい

まとめ

いいのがあれば乗っかろうと思ったけど、長いものにまかれてgettextをいい感じに使うのがまともそうなので、調べる。あとまずは仕組みともかくコピペでつくろう。

広告

日本語と英語のドキュメントの同期」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: gettextのフォーマット・i18nextの流れで日本語と英語を同期 | 實松アウトプット

  2. ピンバック: 小分けの.potと.poと.json? 巨大な.potと.poと.json? | 實松アウトプット

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中