Git HTTPSable Push 作った

TL;DR

remote url が git://...でもgit@...でもhttps://...でも、GITHUB_ACCESS_TOKEN以外設定不要で、https push出来る git_httpsable-push 作った。

git httpsable-push origin CURRENT_BRNANCH

こんな感じに使う。使い道と使い方はこっちに書いた。

Httpsで簡単に、ログ安全に、git pushする Git HTTPSable Push – Saddler – checkstyle to anywhere

github enterpriseだろうとbitbucketだろうとgitlabだろうと使えるように、内部的にはいろいろ環境変数で上書けるようにしてある。が、それで必要十分かは未検証。

背景

少なめの設定で、デフォルト安全に倒した操作を行えるようにしておきたい。

git push --quiet "https://${GITHUB_ACCESS_TOKEN}@github.com/.git" gh-pages 2> /dev/null

これで--quietや2> /dev/null 忘れたりtypoするとGitHub token漏れるのひどいと思う。GitHubのtokenの無駄な権限のデカさが根源だけど、あれ細分化したらそれはそれでコントロール不能になるだろうから、悩ましい。

gh-pages使うときにpushしたいならGit HTTPSable Push便利。ただ、gh-pages使うなら「default branchをgh-pagesにして、生jekyllをGitHub任せの運用」にしない理由がよくわからない。いろいろ事情があるのか。

参照

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中