独自ドメインのGitHub Pagesをhttpsにするのは出来なくはないけど

GitHub Pagesに独自ドメインあててて、httpsではなくhttpで運用している。github.io でそのままやるならhttpsも使える。

https://sanemat.github.io/talks/

で、cloudflareが提供しているflexible SSL や他社のそれと同等のサービスを使えば、ユーザーにはhttpsで提供することが出来る。
cf_ssl_settings
What do the SSL options (Off, Flexible SSL, Full SSL, Full SSL Strict, SSL Only) mean? – CloudFlare Support

設定はこんな感じ。
GitHub Pages Now (Sorta) Supports HTTPS, So Use It

とはいえ、visitorとcloudflare間だけがhttpsになっても、何を保護してるんだろう。アドレスバーの見た目が緑になるのはデカイのと、なんとなく安心感は出るけど、ねえ。無線AP使った時に安心とかはあるか。
GitHub PagesとCDNだとそもそもfastly挟んでて高速だし。

フォームとか個人情報送受信とかそういうのには使えないhttps。うーーん。あんまり誠実に思えなくてためらってる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中