どこまで、npm, nodejsに寄せるか、どこまでrailsに残すか

特に結論はない。

前提

自分

自分はrailsを中心としたwebエンジニア。ここ1年半ぐらいはnode.jsにベットして活動してる。
node.jsは使われてるところでは使われてるけど、思ったより日本ではこねーな、というのが個人的な感想。
フロントエンドのツールチェーン作るならnode.jsだろうな、という感じ。
だけど、最近はツールチェーン作るならgolangなんじゃないかな、という気もしてきていて、手持ちのツールをgolangで試してみている。
node.js, npmにベットしているけど、特段フロントエンドエンジニアではないし、html, cssが弱い。

マネーフォワード社

マネーフォワード社の基幹技術はサーバーサイドにjava, ruby。クライアントサイドにandroid java, objective-c/swift。
mfクラウドチームでは、pc入力がメインなので、android java, objective-c/swiftがjavascriptに変わる。
javascriptでの開発もそれなりにチーム組んで取り組んでいる。
一方pfm(家計簿)チームは、まずwebから開発をはじめて、その次スマホアプリに全力でかじを切って、いまここというかんじ。

どこまでjavascriptに持っていく?

ここから、どこまでイマドキっぽいフロントエンド開発に持って行こうかな、持って行くべきなのかな、とぼんやり考えている。
イマドキっぽいってなに?

やらないこと

ライブラリはnpmで入れてwebpackでっしょー。railsのassets pipeline今すぐやめようぜ。railsの役割はapiサーバーまでにとどめよう。
みたいなのは、チームの状況を見るに、コストパフォーマンスもメリットも薄いなーと思ってしまう。nodeでサーバーサイドレンダリングやりたくないし。railsでいいじゃん。

やること

dom操作でjqueryでってのを過去分修正するかはともかく、これから作るのは精神に悪影響ありそう。

そのうちやること

rubyのgemでjavascriptをwrapしてますというのは、シシルイルイなのでやめたい。あれ筋悪。
同じ言語のgrunt-*, gulp-*, yeomanのgenerator-*, でもみんなしぬんだぞ。
ワンクッションrails-assetsやらbowerやら挟みたいが、どっちもしんでしまっているからな。
じゃあやっぱりnpm + webpackになってしまうではないか。

思うこと

これでjavascriptが会社の超主要言語なら、超やれ、当たり前だろ、って感じ。
でも、そこまでじゃない。サーバサイドやるならjava, better javaとしてscala, ruby, apiサーバー作りたいならgolang, あたりやるほうがコスパ良さそうに思ってしまう。
それかandroid java, swift。それかビジネス寄りに動いていくとか、データ分析側とか。やるほうがいいんじゃないかなーと思う。
javascriptはそれなりに必要な言語なんだけど、そこまでなあ、うん。

特に結論はない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中