rubykaigiのトークに何応募するか考え中

話したいこと

rubyのコマンドラインツールとプラグインシステムと設定の読み込みを作ってみて、設計に失敗したはなしとどうすればよかったのかについて

題材

tachikoma

tachikoma.io

saddler

項目

  • 言語選択
  • 大きな方針
  • アーキテクチャ選択
  • 設定の読み込み
  • shell or script language
  • エラー設計
  • リリースと依存、またその確認
  • テスト容易性
  • 本体の配布、プラグインの配布
  • 実行ファイルを単一
  • アプリケーションと同じGemfileに入れるか
  • 他のツールとの親和性

話した結果自分は何を得たいか

  • 自分の考えたことをダンプして、次作るならもうちょっとマシにしたい
  • 誰か詳しい人の知見を吸いたい
  • 似たようなこと考えてる人の設計の参考になればいい

聴衆に何をしてほしいか 明日から何を始めればいいか

  • ruby, node, golangでツールを作りだそう
    • 言語、ツールの特性、エコシステム的に最適なところを選べる
  • gem, npmなどのエコシステムを活用する
  • 柔軟なやつも作りはじめられるぞ たぶん

rubyでの成功例

  • fluentd
  • omniauth
  • fog
  • rails(?)
  • rubygems(?)

先行資料

広告

rubykaigiのトークに何応募するか考え中」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中