Mastering Bitcoin一周目とbitcoin買うまで

Mastering Bitcoinの日本語版がCC by SAで読めるTranslations of Mastering Bitcoin | Mastering Bitcoinので、読んだ。

一周目、途中でさっぱりわからなくなったが最後までたどり着いた。

翻訳にむむむってところがあれば、ここから直しに行くと良さそう。多分typo直せた気がする。
Mastering Bitcoin | Overview

あとは自分でいじってみたり、alt coinやalt chain作ってみたりしないとわからんな、ということでbitcoinを買った。

1JvMhFUq7BDF1RFxXednUHSVbdvQ4j3RW7 Screenshot from 2016-08-14 00-17-37 送ってみたい人受け取ってみたい人は連絡ください。

ビットコインの保管(ウォレット比較) | Bitcoin日本語情報サイト こういうところ読んだりしつつ、まあたいていこういうのの日本語情報って周回遅れになってること多いので、コレも話半分に見ていく。

ubuntu desktop環境なので、いろいろ困るかと思いきや、Electrum (Pythonベース、GUIも)とCopay(Javascriptベース、nwjs)とで、Electrumはaptで、Copayはファイル伸長するだけで動いた。先にElectrumで環境整えたので、Electrumでやってるが、制限などなければChrome extensionなどあるCopayもよさそう。

スマホ側はandroidなのでMyceliumいれた。iosにはbreadwallet入れたが、breadwalletはまだ試してない。

クライアント側の準備ができたので、早速ビットコインを買う。ビットコインは購入所と交換所がある、などの基礎的なところからふむふむ読んでいく。bitflyer.jp にアカウント作って、銀行口座登録して承認され、住信SBIネット銀行から7000円入金。ビットコインが0.01BTC単位で買えるので、1BTC 61000円ぐらいだったので 0.11BTC購入。取引所に滞空させておく意味はないので、bitflyerの自分のアドレスから、デスクトップの自分のアドレスに送金してbitflyerの出番は終わり。transaction feeはbitflyerが今のところ負担してくれる。日本円端数がbitflyerに残り続けてしまうけど、まあしゃーない。

最小単位は現在のところ1 satoshi。100 satoshis = 1 bits (あるいは1 μBTC)。1000 μBTC = 1 mBTC、1000 mBTC = 1 BTC。
546 satoshis 以下はdustとして送金できない。
1BTC 60000円ぐらいなので、1 mBTC 60円、 1μBTC 0.06円 ぐらい。

よく、手数料安いよ、最高!の文脈でbitcoin出てくることある。ただ、それは相場として情報転送量あたりに値段をつけて、それを処理してもらうので、supereconomyモードでもコレぐらいだよ、ってcopayは表示してる。 165bits/kiB。なので、安い安いとはいっても、少ない額を送金するほど手数料の割合は増す。実際Electrumでは、少なすぎるfeeは弾かれてしまった。800bitsにfee8bitsとかそのくらい。Electrumは圧縮転送サポートしてないからデータでかくなりがち、っての数年前のフォーラムで出てきたけどいまどうかはよくわからない。8000bitsにfee40bitsは送れた。ずっと承認されなかったらどうなるんだろ?とおもうが承認されたので良かった。少額決済はやっぱりまとめないとダメなのかなあ。むー。

広告

Mastering Bitcoin一周目とbitcoin買うまで」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: MASTERING BITCOIN二周目と商店 | 實松アウトプット

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中