APIデザインケーススタディ読んだ

ようやく積んでた本を読んだ。読んだというか、途中まで読んでてきつくなったのでパラパラ眺めてどうにか一周終わらせた、ってかんじ。話の内容は多分面白くて書いてある中身もきっと面白いんだけど、対象に今の自分があまり興味がなかったから仕方ない。

APIデザインケーススタディ ――Rubyの実例から学ぶ。問題に即したデザインと普遍の考え方 | Gihyo Digital Publishing … 技術評論社の電子書籍

第1章─I/O, 第2章─ソケット, 第3章─プロセス, 第4章─時刻, 第5章─数,文字列 とあって、要は自分が一番好きなプレゼンの使いやすいライブラリ API デザイン. 日本Rubyカンファレンス2006 コレと近い内容なんだけど、I/O, ソケット、プロセス、時刻まであんまり興味がないので、その、あれ。

URI.encode_www_form出てきてやっと興味あるとこキタ! と思ったらそれが最後でしょんぼり。

なので、あとは思い出したことを並べる。

使いやすいライブラリAPIデザインから、自分は強烈な印象を受けていて、過去の自分の名作 https://github.com/sanemat/slip/blob/b49f8a609741c29054cacf0fe84a2a6d377bba53/slip.rb#L14 に色濃く出ている。

脱線すると、httpライブラリの好みの変遷としては、何使ってたか覚えていない -> 感銘を受けて open-uriに -> httparty で楽して楽しく -> REST厨なのでrest-client -> faraday でインターフェースを統一するんだ -> net-http やっぱり標準ライブラリだね、あとeasy, simpleだとsimpleよりのがいい イマココ

コレも好き。matz を説得する方法. RubyKaigi2008

さがしてまわっちゃったけどここにあった。Publications of Tanaka Akira

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中