Update dependencies

json gemが1.xだとruby2.4で動かなくて、2.xだとruby1.9で動かない。
みたいなので結構おっくうになってたのだけど、ちょっとずつバージョンを上げ始めた。

http://rubies.travis-ci.org/ みながらここにあげる

- 2.0.0
- 2.1.10
- 2.2.6
- 2.3.3
- 2.4.0

今上げてるのが、nodejsにかぶれたあとのライブラリ群なので、まだそんなに苦労はしていない。まだ。

いまのところで引っかかるのは、
– rubocopがどこかのバージョンから1.9サポートをdropしている
– public_suffixがどこかのバージョンから1.9サポートをdropしている

このへん。
rubocopはgemspecではなくGemfileで入れてることが多いので、gem 'rubocop' if RUBY_VERSION >= 2.0.0みたいにした。
octokit -> sawyer -> addressable -> public_suffix
を使っているライブラリはもうどうしようもないので、1.9サポートをdropした。

1.9なんてもういいだろって思うけど、travis-ciって便利サイトがデフォルトruby1.9で、他の言語で使って欲しいツール・ライブラリでは1.9もサポートしたいのよね。出来る限り。
で、出来ない限りになってしまったので、1.9サポートdropはしかたない。
あとはmac os xっていう便利プラットフォームもsystem rubyが2.0とかいう化石使ってるので、2.0サポートも出来る限りしたい。
こういう小さいツール・ライブラリを作るのにrubyを使うのは向かない、ってことになってしまうのがなんともはや。
golangでやろう、って方向へいきますね。golangまだ全然思うように書けないけど。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中