spam recruiter

aiでスパムリクルートメールを打つ人材サービスを使っちゃうとリスクありそうだなーと思った。

====
Kenichi Murahashi 様
※お名前の漢字が分からなかったので、失礼ながらアルファベット表記とさせていただきました。

突然のご連絡失礼致します。
株式会社xxx人事のxxxと申します。
GitHubに掲載中のメールアドレスからご連絡しております。

弊社は、スモールビジネスに携わる方向けのクラウド会計ソフトを作っている会社で、現在80万人以上の方々に利用されています。
社内で行っているプロジェクトに関しては下記を御覧ください。
(url snip)
起業や独立に伴う「難しいこと・面倒なこと・大変なこと」を自動化し、人々が創造的な活動に集中できるサービスづくりに取り組んでいます。

そんな中、現在
・プロダクトおよびフィーチャーの企画・設計・実装・テスト・計測・改善(xxxのエンジニアは企画から開発、リリースまで、エンジニアが自分たちで考え、実行に移しています)
・新規技術、コア技術に関する研究開発・調査
・新規機能企画開発、自動化のアルゴリズム改善、UX改善、新規プロダクト企画開発等
などのような業務を、Ruby / Rails を使って行なうエンジニアチームの向上を図っております。

上記のプロジェクトの一環として行っている試みなのですが、Murahashi様のような現場で活躍されている外部の優秀なエンジニアの方を実際に弊社オフィスにお招きして、弊社のサービスやエンジニア・オフィスをご紹介して、気軽にディスカッションをする、ということをしています。

誠に勝手ながら、Murahashi様のGitHubやブログの記事を拝見しました。GitHubのリポジトリのTachikomaを拝見しまして、依存するgemのバージョンを最新に保つことができるTachikomaは開発コストを削減できる非常に優れたOSSであると感銘を受けました。RubyやRailsを使うプログラマーの定形作業を減らすという点が評価されて、TachikomaはHEROKU賞を受賞されているとのこと、高い技術力が多くのエンジニアの方々からも評価されていることに敬服しました。弊社では最新技術を積極的に取り入れており、Murahashi様のように新規技術、コア技術に関する研究に携わっているエンジニアの方と是非技術的なお話しをさせていただければと思っています。

よろしければ一度お時間をいただき、30分-1時間程度で結構ですので五反田の弊社オフィスにて、お話をさせていただけないでしょうか。
もしご興味があれば、こちらのアドレス(snip) まで返信をよろしくお願いいたします。

ご返信をお待ちしております。
それでは失礼致します。

【xxxについて】
エンジニアブログ
(url snip)
弊社の機械学習への取り組み
(url snip)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中