rustのバイナリをgithub releasesに送る仕組み

なんで各言語ごとに作りこみたがるんだろう。バカなのかな? って思いたくもなるけど、自分含めてそうしないとまともに扱うのは無理なのかなと思ってしまう。

コレはやり過ぎだから、自分でわかる範囲で探すかと、cross compileのしくみを探していて結局
japaric/trust: Travis CI and AppVeyor template to test your Rust crate on 5 architectures and publish binary releases of it for Linux, macOS and Windows
コレに戻ってきた話です。

追記
伝わらない気もして追記すると、わたしは、クロスコンパイル環境作るくんと、クロスコンパイルするくんと、パッケージするくんと、ghr でやるほうが正しいと思うんですね。glue codeはnodejsで書くかなあ。一ミリもeasyじゃないが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中