bundle updateしたあとBUNDLED WITHを元に戻すrestore_bundled_with書いた

Bundler v1.10.0からbundle updateしたversionがGemfile.lockのBUNDLED WITH sectionに記録されるようになった。

Ruby – BUNDLED WITH で Gemfile.lock が更新されてしまう件 – Qiita

なのだけど、それはそれでめんどうなので、bundle updateしたあとに使う、BUNDLED WITHだけを元に戻すrestore_bundled_withを書いた。

packsaddle/ruby-restore_bundled_with

使い方はこちらに書いた。
restore_bundled_withを使ってBundlerのBUNDLED WITHをうまく取り扱う – Saddler – checkstyle to anywhere

tl;drに書いたとおり、やることのスジはあまり良くない。

  • Bundler v1.10.0からBUNDLED WITHのsectionが導入された。
  • restore_bundled_withを使うことで、Bundler開発チームの精神を逸脱して(!)、異なるversionのBundlerとBUNDLED WITHをうまく取り扱う。

BundlerのversionはGemfileの管轄外だとは思うんだよなあ。そしてruby directiveにも同じことを思ってる。

広告

bundle pristine なかった

pristineが思い出せなくてbundlerのcommandを探しに行き
Bundler: The best way to manage a Ruby application’s gems

あれ,ない rubygems側か
Command Reference – RubyGems Guides

でも俺がやりたいのはbundler側だし,で結局やりたいコマンドはなかった
消してbundle installしろとかいううーむ

Feature request: bundle pristine · Issue #524 · bundler/bundler
bundle pristine command to revert bundle to original state · Issue #5 · bundler/bundler-features