Jenkins scheduled build Triggers with environment variable

Jenkinsのbuild periodically(cronもどき)ごとに異なる環境変数渡したい場合、jobを2つ作ると意図通りに出来た。

先行のjobは、cronと Post build action – Trigger parameterized build on other が仕事。Parameterized Trigger Plugin をつかう。後続のjobは渡された環境変数を使うだけ。同時build数や同時起動数の制御もしておけば同時起動不可なbuild複数でも順番にやってくれる。

という説明をtachikoma用に書いた。

https://github.com/sanemat/tachikoma/wiki/Manage-multiple-projects-with-jenkins

kick-tachikoma

This job has only 2 roles, Build periodically (perhaps daily) and Post build action – Trigger parameterized build on other projects. UsingParameterized Trigger Plugin, then kick following tachikoma(s).

tachikoma

Given TOKEN and BUILD_FOR, then tachikoma(s) works!

see: http://stackoverflow.com/questions/18086508/jenkins-scheduled-build-triggers-with-environment-variable

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中